2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12




MintJam - 線香花火

很适合夏天的一首歌。
今年的花火大会,不再有我的身影。


MintJam - 線香花火


転がる下駄(げた)の足音
花火大会の帰り道
不思議と無言も今は
気にならない晩夏(ばんか)の香り

ポケットから取り出した
線香花火が嬉しくて
松葉(まつば)火花の爆ぜ音
もう少し傍にいられる

落とさぬように
小さな火が 風に吹き消されないように
見守りながら このぬくもり
いつまでもここにありますように

巡り続けてきた恋は今
足を止め影を並べて
ふたり過ごしてきたこの夏を
忘れまいと誓ってる

柔らかい柳の火に
目を細め憂いの表情(かお)
眠くなるほど落ち着く
何にも代え難い時間(とき)

その身を削り
震えながら 花を咲かす小さな玉の
力強さと儚さの和
まるで心を描き出した様

巡り続けてきた恋は今
足を止め影を並べて
ふたり過ごしていくこれからを
幸せにと祈ってる

できることならこのままずっと
この命(ひ)が燃え終わる日まで
傍にいられるように願いを
込めて仰ぐ天の川

関連記事
[ 2013/03/29 ] 音楽報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anoneko.blog84.fc2.com/tb.php/322-f162a1e9